アイラインのテクニックを学ぼう!

 

アイラインは苦手と持っている人は多いと思います。慣れないと、まっすぐにラインをひけないし、

ラインが太すぎると、目ばかりが強調されてしまいがち。ちょっと怖い印象になってしまいます。

それでも、上手にひけたときは、見違えるように魅力的な目元を作れますから、アイラインの技術は

磨くべきです。アイラインをひくだけで、目が倍の大きさに見えたり、一重が二重になったりしますし、、

アイラインは奥深いのです。

どんな目元にしたいかで、アイラインのひき方は変わります。いろいろなパターンがありますが、

自分がなりたい目を作るアイラインのテクニックを学びましょう。

アイライナーを落とす時は、アイメイクリムーバーで、丁寧に落とし、アイクリームなどで、ケアをしましょう。

しっかりと落とさないと、くすみにつながっていきます。

シミ消しでも落ちない場合があります。

目元はデリケートなので、丁寧なケアをこころがけることが大切です。

きりっとした印象にしたいとき

少したれ目の人は、少しさびしいイメージになります。そこで、アイラインを使って、

少しきりっとした印象にしてみましょう。

まず、アイラインを目の上の瞼の際にひいていきます。描き出しは、ちょうど黒目のあたりからがいいでしょう。

目の真ん中くらいから、目尻にむかって、さーっと一気にひきます。

あまり、慎重すぎると、手が震えてしまって線がぶれてしまうので、躊躇せず、一気にひきましょう。

はじめは、どうしても手が震えてしまいますが、慣れると思うようにアイライナーが動かせます。

ラインは、目尻より気持ち少し長めにひきます。きりっとさせたい場合は、最後は上向きにラインをひきましょう。

もともと、つり目の人は、ラインを下向きにひくと、優しい印象になります。

やさしい印象、きつめの印象

今度は、目の下のラインのひき方について説明します。目が大きく、目の印象が強い人は下は省くのも

いいのですが、少し優しげな印象にしたいのなら、目頭の下のあたりに、細くアイラインを入れると

いいです。あまり、目を強調しすぎず、それでも、何となく雰囲気のある目元が作れます。

逆に、きりっと、しまった目元にしたいのなら、目頭ではなく、目尻の下にラインを入れます。

目の大きさが強調され、できる女の印象になります。

ラインの太さや長さによって、まったく印象は変わってくるので、説明したことをベースに、

あとは自分で、いろいろなパターンでひいてみてください。どれが一番自分にあったラインか研究してみると

いいでしょう。

目の粘膜にもラインを

黒目がちの大きな目がかわいい!と言われていますね。

瞳を大きくすることはできませんが、アイラインのテクニックで、大きく見せることは可能です。

ポイントは、あかんべーをしたときに見える、赤い粘膜。

下の目の際の粘膜に、アイラインで黒くラインをひくのです。

これは、ちょっと抵抗がある人がいるかもしれませんが、これをすることで、瞳がぐっと大きくなり、

目の印象ががらりと変わります。

これは、あまり広範囲に引く必要はなく、正面をむいたときに、見えるところを埋めるという

くらいで十分です。まつ毛とまつ毛の間をアイライナーで埋めていく感覚と言えば分かりやすいでしょうか。

これは、鏡を見ながら、おすすめしたいアイクリームを丁寧に入れてください。

粘膜を塗るときは、ジェルタイプのアイライナーがいいでしょう。

ペンシルタイプは、ひきにくいですし、粘膜を傷つけてしまうかもしれませんから。

これも、いろいろと研究してみると、楽しいですよ。

ための研究も楽しいですよね。

アイメイクは、落ちにくくできているので、アイメイクリムーバーで落とすことは忘れずに。

アイクリームでケアして、健やかな目元を作りましょう。